Home » コラム・ブログ » 競技会で使える社交ダンスヘアカタログ!ラテン編

競技会で使える社交ダンスヘアカタログ!ラテン編

競技会のヘアアレンジ、どうしていますか?
参考になるアレンジ写真を集めました。美容院でのオーダーや、自上げの参考にどうぞ。

こちらはラテン編です。

スタンダード編はこちら

 

基本のシニョン

2-1

ラテンのヘアスタイルの定番中の定番と言えば、オールバック&低い位置でのシニョンのシンプルな組み合わせ。
シンプルな分、どれだけ綺麗にポーニーテールを作ってヘアにつやを出せるかが命。
しっかりと根元まで水分を含ませ、コームで丁寧にとかすのがコツです。

シニョンアレンジ

センター分け

2-2

シニョンにセンター分けも定番。強い女性のイメージが出せるヘアスタイルです。

2-3

センター分けに髪飾りを付けても。オリエンタルな雰囲気に。

フィンガーウェーブ

2-42-5

こちらはシニョン+フィンガーウェーブのデザイン。スタンダードでもOKな髪型なので上品さが出ますね。

高い位置でのシニョン

2-6

高い位置で結ぶことで、ハツラツとした若々しい印象に。細い三つ編みをおでこに飾るテクニックもよく見かけます。

ポニーテール

2-7

高い位置で結んだポニーテールはシニョンより更に躍動感のあるスタイル。踊った時に揺れる髪で動きも強調できます。
かっこいいイメージのドレスに合わせたい。

2-8

低い位置でのポニーテールは躍動感は残しつつ、上品に。

ポニーテール+おでこの飾り

2-9

シンプルなセンター分けのポニーテールに、エキゾチックな髪飾り。

三つ編み

2-10

ポニーテールほどばさばさしない三つ編みもオリエンタルな雰囲気を作りたい時に役立ちます。
高い位置はもちろん、低い位置で結んでも。

ベリーショート

2-11

髪を固めないショートカット。後ろをしっかり刈り上げサイドもすっきり、でも前髪は少し長めに残す、が女らしいショートカットのポイント。

Photo from DancesportInfo.Net

ちょっと奇抜なくらいの印象的なカラーリングにも相性のいい髪型。

ショートカット(おかっぱ)

2-13

前髪、後ろ髪をまっすぐに切りそろえたおかっぱスタイル。取り入れるのはちょっとハードルが高いですが、うまくできれば個性的で強い女性のイメージを強調できます。
大人っぽくかっこよく仕上げるには、長さが大事。あごの長さで切りそろえると幼い印象になってしまうので、唇くらいのラインで少し短めにするのが◎。

ショートカットのまとめ髪

2-14

短く切ったヘアを固めたヘアスタイルも。フィンガーウェーブで大人な魅力たっぷりに仕上げて。

パーマヘア

2-15

強めのパーマをスプレーで固めて、おしゃれなショートヘア。

 

以上、いかがでしたか?
ラテンの髪型はロング、ショート、きっちりから固めず揺れるものまでたくさんバリエーションがありますね。
オーソドックスに決めるも良し、ドレスに合わせて変えるも良し、シーズンごとにイメチェンするも良し。
いろいろ試して、ダンスのおしゃれも楽しみましょう!