Home » コラム・ブログ » 高すぎるor低すぎる…身長に悩むスタンダードパートナー必見の注目ダンサー!

高すぎるor低すぎる…身長に悩むスタンダードパートナー必見の注目ダンサー!

競技ダンスをしている人にとって、自分の身長はとても気になるものですよね。
特にモダン種目に関しては、身長によって見せ方、見え方が大きく変わってきますので身長が高くても低くても、悩むものです。

そこで今回は、モダン種目を踊る女性にとって参考になるであろう高身長&低身長のダンサーを紹介します。

アナスタシア・ムラヴィエヴァ

現在全英第2位の位置につけているビクター・ファンのパートナー。
彼女はとても身長が高く、フロアで非常に目立つ存在です。
通常これだけ身長があると、ワルツやスローなど大きなムーブメントを魅せる種目を得意とすることが多いのですが、
彼女達のダンスで特に注目してほしいのはタンゴやクイックでのスピード感あるアクションです。
二人とも身長があるけれどある意味コンパクトにまとまって見える一体感とスピード感はとても参考になります。

ビクタータンゴ2010

ビクタークイック2010

余談ですが、ビクター組のデモンストレーションは変に長引かせず、すっきりと曲とともに終わるものが多いので大好きです!
また見たい!と思わせるデモ作りがうまいなーとつくづく感じます。

ジョアン・ボルトン

少し前ですが、2005年に全英チャンピオンとなったティモシー・ホーソンのパートナーです。
彼女はアナスタシアとは反対にとても小柄で華奢なのですが、その力強さとダイナミックさはとても参考になります。
鍛え抜かれた身体からの正確なポジショニングによって小さな身体の存在感をとても大きくしているのです。
彼女は表情もとても豊かで、ダンスの魅せ方という点でも勉強になる点が多いです。
なぜだか目が離せなくなってしまう…そんな魅力的なダンスを踊りたいものですね!

ティモシータンゴ2008

ティモシークイック2007

自分の身長は努力ではどうにもなりませんが、どんな身長、体型でも長所を活かしたダンスをすることができます。
様々な選手を見ながら、その努力を怠らないようにしていきたいですね。