Home » コラム・ブログ » 「マツコの知らない世界」魅力たっぷりの社交ダンス編を抜粋!

「マツコの知らない世界」魅力たっぷりの社交ダンス編を抜粋!

マツコの知らない世界 社交ダンス編(2014.11.4放送)

先日統一全日本でラテンアメリカン部門6連覇を達成した織田慶治・渡辺理子組が出演した、TBS「マツコの知らない世界」が11月4日放送されました。やっている人には当たり前でも、知らない人にはびっくりなことも多い社交ダンスの世界を、マツコ・デラックスの絶妙なツッコミを受けながら織田・渡辺組が軽快に紹介しています。

登場した理子先生の衣装の露出とメイクにマツコびっくり

マツコ:社交ダンスの人が出てるよってことにすればいいのよね??普通に今日誰々さんでーすって紹介してこの格好で出てきたらちょっとした事件よね!?

社交ダンスですってことにすればここまで攻めれるってことなのね。

理子:もっと攻めたものありますよ、今日は普通です。もっとエッジーなものもあります、ぐっと(胸元を)切り込んだ感じの…

ーーーーーー

マツコ:ご本人の前で言うのもあれなんだけど、そのメイクでテレビ出るのおかしいじゃないですか。

理子:ああ〜やっぱり、そうですよね、

慶治:いや、遠目で見て綺麗なように…

マツコ:それはわかりますよ、まぁ、こちら(理子先生)はわかるんですよ、宝塚みたいなもんでしょ。濃いメイクして。

でもこちら(慶治先生)はちょっとアイラインとまゆげぐらいじゃない、

なのになんでこんなに圧が強いの??

慶治:生まれつきじゃないですか?

もともと顔が濃い…。

マツコ:なんかインドネシアかなんかの石油王の息子みたいな感じじゃない!

慶治:ラテンっぽいってことですかね、嬉しいですね。

ーーーーーー

やっぱりびっくりされる衣装とメイク。

でもほとんどメイクしていないはずの織田慶治先生までインドネシアの石油王とか言われてます。しかも慶治先生喜んでいます。

やっていると段々感覚が麻痺してきますが、初めたばかりの頃の、あの髪型・メイクで電車に乗って会場に向かう時の何とも言えない気持ちを思い出しました。

社交ダンスを始めたきっかけは暇だから?!とテレビ!

マツコ:群馬の大泉町からよく社交ダンスにたどり着きましたね

慶治:いや、盛んなんですよ、群馬は社交ダンス。実は、有名な日本の社交ダンサーは群馬県出身多いんです。

マツコ:なんで?

慶治:やることないから(キッパリ)

マツコ:やることなくても社交ダンスにはいかないでしょう!?

ーーーーー

マツコ:女性で15歳で社交ダンス始めようってなんで?

理子:テレビの影響です。

マツコ:ああーーーーー!

あれだ、

芸能人ダンスだ。

理子:そう、芸能人社交ダンス部見て、うわーーって、こんなダンスがあるんだ!って

ーーーーー

なんと、理子先生のダンスを始めたきっかけは芸能人社交ダンス部だそうです。こちらの記事でご紹介しています!

懐かしの「ウリナリ芸能人社交ダンス部」を振り返ってみた

社交ダンスペアの気になる恋愛事情…

マツコ:やっぱり社交ダンスを見たときって、あれ、、結婚してんのかな?って…みんな言わないけど!

 

社交ダンスペアがどういう関係なのか?というのは、外から見ていると一番の関心の的のようですね。

実際ダンスのカップルがプライベートのカップルであるという確立は確かにすごく高いです。でもそうではないビジネスパートナーもいますし、最初からカップルだったというのはむしろ少数派。

ダンスという共通の目標に向かっているうちに…ということがほとんどだと番組中もぶっちゃけられていました。

他にもレッスン代の裏話、ダンス教室の紹介、織田組の自宅でのプライベートショット、もちろん素敵なダンスシーンまで、盛りだくさんな楽しい放送でした。

それにしても織田先生と理子先生、トークがものすごいお上手です。

社交ダンスの魅力が伝わるとっても素敵な番組でした!