Home » コラム・ブログ » 種目ごとの一般的なドレスイメージ(スタンダード編)

種目ごとの一般的なドレスイメージ(スタンダード編)

社交ダンスの醍醐味の一つとして、綺麗で豪華なドレスを着れるという点があります。

カラフルなドレスが集っている競技場はそれだけで見応えがありますし、複数カップルが踊っている姿はまさに豪華絢爛です。

その中で自分の着るドレスをどうやって選ぶか、というのは難しいポイントとなります。

そこで今回は、種目ごとのイメージをドレスで表現するとどんな感じか、お伝えしたいと思います。

あくまで代表的なイメージですので、これを踏まえた上で自分がドレスでどのようなことを表現したいのか、考えるきっかけにしてみてください。

ワルツ

ワルツと言えば白!優雅で清楚なイメージのある白は雄大なワルツにぴったりです。

ふわふわとしたファーをつけたり、段の入ったゴージャスなモチーフにしたり、お姫様のようなドレスが一番似合うのはワルツでしょう。

タンゴ

タンゴと言えば赤と黒!アクションが激しい種目ですので、ボリュームは抑えめにしているものが多いです。

アクションがしやすいようにスリットが大きく入っているドレスもありますね。

スローフォックストロット

スローは一番ドレスのイメージが分かれる種目ではないでしょうか。

水色、ピンクのような淡いふわふわとしたイメージカラーのドレスから、黄色やオレンジなどのはっきりしたイメージカラーのドレスまで様々です。

全体としてゆったりとした動きが多いので、ボリューム感のあるドレスが人気があるようです。

クイックステップ

クイックステップと言えば原色や蛍光色!走ったり回ったりめまぐるしく動いていく種目ですので、色でいかに引きつけるかも重要になってくるのですね。

原色や蛍光色は軽く見える効果がありますので、クイックステップを軽やかに見せたいという狙いもあるのでしょう。

ドレスは自分を表現する大事な手段です。

色々な要素を考慮しながら、自分らしい一着が見つけましょう!