Home » コラム・ブログ » 最初に揃えておきたい、ダンスメイク定番コスメ

最初に揃えておきたい、ダンスメイク定番コスメ

ダンスのメイク、何を使っていますか?

普段使いのメイク用品でも使える物はたくさんありますが、基本のグッズだけはいい物を持っておくとやっぱり便利。

迷ったらこれ!という定番品を選んでみました。

ベースメイク

ドーラン(油性ファンデーション)

CHACOTT スティックファンデーション

chacott1

汗をかくダンスでは、崩れないベースメイクが一番大事なポイント。定番品はバレエなどの舞台メイクでも使われているチャコットです。

カラーも豊富で、伸びも良く、崩れない。ダンサーならば一つは買った事がある定番のファンデーションです。

NAJA ステージファンデーションS

naja
チャコットもいいけれど、複数の色を使い分けたい場合は小さくて安いこちらがおすすめ。

自分の肌色に近い色と、シェーディング用の濃いめの色の二色を使い分けて、立体感のあるメリハリ顔に。

スポンジ

CHACOTT カッティングスポンジ 6つ切

chacott2
チャコットやナージャの油性ファンデーションは、濡らしてしぼったスポンジにとって薄く伸ばすように顔に塗ります。

その時に必須なスポンジもチャコットで。

パウダー

CHACOTT フィニッシングパウダー

chacott3

油性のファンデーションはべたつくので、仕上げのパウダーも必需品です。

ハイライト

メイクアップカラーバリエーション ウィンキングシリーズ 661(ホワイト)

チャコット メイクアップカラーバリエーション<ウィンキング> 661.ホワイト
メリハリ顔を作るためのハイライトはしっかり発色するチャコットの白。普段メイク用の白ではやっぱり色が埋もれてしまうので、ちょっと値段はしますが一つは欲しいところ。

アイメイク

アイブロウ

資生堂 眉墨鉛筆

資生堂 眉墨鉛筆2×6本入り
普段メイクに使っている人も多いのでは?描きやすさ、値段共にダンスメイクにも重宝するコスメです。
持ちが気になる場合はアイブロウコートを使用するのをおすすめします。

三善 メイクアップペンシルアイブロー

三善 メークアップペンシル アイブロー コンビ
落ちるのが嫌!という方は舞台メイクの老舗三善のアイブローペンシルを。長時間の競技会でもメイク直しがいりません。

アイシャドー

CHACOTT メイクアップカラーバリエーション 605(チョコレートブラウン)

chacott4
結構お値段のするチャコットのカラーパウダーですが、絶対に買って損しないカラーがこちらのチョコレートブラウン。

目元のシャドーにはもちろん、シェーディングやアイブロウにも使えます。普段メイク用のブラウンカラーやホワイトとの併用使いでほぼ全てのメイクを完成させることが可能です。カラーのシャドーは自分の顔に似合わなかったり、ドレスに合わなかったり…と難しいので、最初はこのブラウンのみで陰影を付けるところから始めるのが◎。

CHACOTT メイクアップカラーバリエーション 628(ブラック)

chacott5
ラテン顔用にもうひとつ買い足すとしたら、こちらのブラック。ブラウン一色より更に陰影を強調できます。

アイライン

キスミー ヒロインメイク インパクトリキッドアイライナーN 漆黒ブラック

キスミー ヒロインメイク インパクトリキッドアイライナーN 漆黒ブラック
チャコットなどの高級ラインを抑えてダンサーに絶大な指示を得ているこちらのアイライナー。

なんと言っても落ちにくい!そして漆黒ブラックというだけあって真っ黒の発色が素晴らしいです。

筆も描きやすくておすすめ。

つけまつげ

三善 アイラッシュ

三善 アイラッシュ S-7
100円ショップのつけまつげでも悪くはですが、長さ、密度、形、バリエーションの豊富さなどを総合するとこちらの三善に軍配が上がります。付属しているまつげのりも強力な接着力で使いやすい。いろいろな種類があるので自分の目に合わせて選ぶ事ができます。

その他

リップ

CHACOTT リップレフィル

chacott6
発色命のリップもやっぱりチャコット。いろんなニュアンスのレッドがそろっています。

ちふれ 口紅

chifure
プチプラなのに優秀なのはちふれの口紅。なんと詰め替え用300円でケースを入れても500円で買えちゃう安さなのに、舞台メイクにも耐える鮮やかな発色です。この金額ならいろんな色を揃えてその日の気分やドレスによって変えてもOKですね。

メイクアップブラシ

LOUIJENE(ルージーン) LJアイシャドウブラシ

loujiene

繊細なダンスメイクには、チップや指よりも専用のブラシを使うのがおすすめです。

そしてものすごい安いのに使いやすいのが、ダイソーで100円で売っているこちらのブラシ。

100円なのが信じられない使用感なので、高いブランドブラシを買う前にまずはこちらをどうぞ。

 

 

いかがでしたか?

メイク用品はものによっては値段も張るし、揃えだしたらキリがないというのが正直なところ。

まずは最低限のアイテムでどうやって素敵な顔に仕上げるか?を考えながら、工夫して楽しくメイクができたらいいですね。